So-net無料ブログ作成

ぼへ猫通信(168) 追悼 ~チミに捧ぐ~ [追悼]

毎朝、ウチの近所の公園に集まってくる
「ぼやぼやと、その日暮らしでへっちゃら」な猫たち。
公園暮らしを「ぼへぼへ」と楽しむ猫たちの生活を紹介したくて、
『ぼへ猫通信 』はじめました!

今回は、わがまま猫らしく最期を迎えた、チミへの追悼。

168chimi-1.jpg

チミの具合が、すこし悪いのかも知れない・・・
そんな風に見えはじめたのは、11月の半ばを過ぎた頃だった。

この秋、チミはずっと食欲旺盛で、いつも朝ゴハンの輪の最前線で待ち、あたりにはチミが
「ヴ~ヴ~」と他の猫を牽制するうなり声が響いていたが、あるとき、ふと気づくと
チミは、みんなの輪から離れた生け垣の下なんかに、ぽつんと座っているようになった。

ゴハンのお皿を出前してやれば食べるが、ちょっと元気がないように見える。
11月の終わりになると、チミは、ゴハンのお皿にほとんど口をつけなくなった。
まずいなぁ・・・ そう思った次の日には、もう姿も見せなくなった。
カゼをひいたりして体調をくずし、1週間ぐらい身を隠してしまう猫は、たくさんいる。
自力で回復すれば、また出てくるし、回復しなければ、もう会えない。
チミは、どうか。。。みんなで心配していた3日後の朝。
公園管理のおじさんが作業をはじめようとした、その足もとに、
身を潜めていた茂みから、チミがヨロヨロとよろめき出てきた、という。

「猫が、倒れたよ!」
ちょうど公園に到着した私たちのもとへ、おじさんが大慌てで駆けてきた。

行ってみたら、ちいさく丸まったチミが、ブルブルと震えながらうずくまっていた。
すっかり弱っているチミを、私たちはキャリーケースに入れて、病院に運ぶことにした。
・・・チミは、それまでずっと、誰も触れない猫だったけれど、
その時、チミは、まるで飼い猫のように、すんなりと私たちに抱かれたのだ。

病院で検査したら、重い腎不全だった。
チミは、驚いたことに、体重が1.6kgしかなくて、体温はたったの34度だった。
2日間、入院して点滴治療をしてもらったが、状態はほとんど改善しない。
腎不全は、治ることのない病だ。「点滴をつづければ、もう少し良くなるかもしれません」
と獣医さんは言ったけれど、それは、ただチミの天寿を先延ばしするだけでしかない。
病院で、チューブにつながれて長らえるのは、きっとチミの本望ではない。。。
そう思った私は、チミを連れ帰り、家の片隅のケージの中で看取ってやることにした。
わずか一日だけをわが家で過ごして、12月5日の午後、チミは静かに息をひきとった。

野っぱらで生きる猫たちのほとんどが、誰にも、その弱った姿を晒さず、
ひっそりと身を隠したまま、勇気あるノラの死を遂げるのに対し、
最後の最期に、人間に助けを求めたチミは、甘ったれだ。・・・甘ったれの猫は、やっぱり可愛い。

さよなら、チミちゃん。 最期に私たちを、頼ってくれて、ありがとう。

168chimi-2.jpg168chimi-3.jpg

2012年の「ぼへ猫通信」は、今回で終了です。最後の記事が、不本意にも、また悲しい記事になってしまいました。
今回は、コメント欄を閉じさせていただきます。。。来年、また、楽しい記事でお目にかかりましょう。
みなさんに、そして天に昇ったチミちゃんに、笑顔が届けられるように。。。


nice!(119) 
共通テーマ:ペット

nice! 119